スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりディズニーの時に食べたグルメを紹介するの巻

今日は4月25日 火曜日

こんばんは、エントリーシートの件でイライラMAXのかなたです。(笑)

今日もよろしくお願いします。


今日はグルメの火曜日なので、グルメ絡みの記事を書きたいと思います。(笑)


さてさて、知っている人もいるとは思いますが、今週の木曜と金曜に念願のあれやってきましたよ。





ひとりディズニー。(笑)
(ちなみに、1枚目の画像は東京ディズニーランドで、2枚目の東京ディズニーシーで写真を撮りました。笑)


えーっと、皆さん。

有言実行してやりましたよ。(笑)

初めてのひとりディズニーだったので、最初パークに入場する時はとても不安だったんですけど、入場してからは全く不安を感じることなく 思いっきり楽しむことが出来ました。
まぁ、強いて言うなら、写真撮ってもらう時だけ辛かったですね。(笑)
ひとりの状況で他の人に「写真撮ってください」って言うの むっちゃ勇気いりますよ。(笑)

まぁ、そんな辛い状況もほんの少しありましたが、ひとりディズニーでも周りを気にすることなく思いっきり楽しめるとは…まさに夢の国ですね。(笑)

まぁ、ひとりディズニーで何をしたのかはまた後日詳しく書きたいと思います。

今日はグルメの火曜日なので、今回僕がひとりディズニーの時に食べたグルメを画像つきでざっくり紹介していきたいと思います。
(食べるのに夢中すぎて写真撮り忘れたグルメが多々あります。特にランドの時は酷いです。ご了承ください。笑)



1日目:東京ディズニーランド


#1.しょうゆバターポップコーン (トゥモローランドのポップコーンワゴン)



東京ディズニーランドに来て真っ先に行った場所…それがこのしょうゆバターポップコーンの売っているワゴン。
もちろん、お目当てはR2-D2のポップコーンバケツです。(笑)
むっちゃ人気の高いポップコーンバケツで、12月のスターウォーズ公開に合わせて出した時は5時間の行列が出来るほどの大人気商品です。また、すぐに在庫なくなるので 次いつ販売再開されるかもわからないらしいです。
今回ごく普通の平日の朝一番だったので、結構割と簡単にゲット出来ました。(笑)
朝一番にゲット出来て良かったです、少し遅れてたら行列に並ぶとこでした。(笑)
あっ、ちなみに、中身のしょうゆバターポップコーンも美味しかったですよ、安定の美味しさです。(笑)


#2.メロンソーダシュガーのチュロス(ライトバイト・サテライト)



トゥモローランドにて売っているライトセーバーをモチーフにしたメロンソーダシュガーの味のチュロスです。
初めて食べたんですけど、むっちゃ美味しかったです。
一口食べて、結構病みつきになりました。(笑)
また食べたいなぁと思うんですけど、今年の10月にこのチュロスを売ってるお店がクローズするらしいです。
このチュロスの行方はどうなるんだか…。


#3.シーフードピザ (キャプテンフックス・ギャレー)



ファンタジーランドにて売っているピザ。東京ディズニーランドに来た時は毎回食べています。毎回毎回美味しいです。
3分で完食してやりました。(笑)


#4.チョコレートのティポトルタ (ビレッジ ペイストリー)

※写真忘れました、ごめんなさい。

ファンタジーランドにて売っているパイのようなスイーツ。
外はサクサクのパイ生地、中はトロトロのチョコレート。
そんな外サク中トロ 抜群に美味いです。


#5.テリヤキチキンレッグ (スキッパーズ・ギャレー)

※写真忘れました、ごめんなさい。

アドベンチャーランドにて売っているテリヤキ風味のかぶりつきチキンです。
照り焼き風味なので多少ベタベタするんですけど、その分とてつもなく美味しいです。
個人的に普通のスモークしたターキーレッグより好きです。(笑)


#6.チキンとトマトのカンツォーネ (パン・ギャラクティック・ピザ・ポート)



トゥモローランドにて売っているピザみたいな食べ物。(笑)
このカンツォーネ、むっちゃ好きなんですよ。(笑)
本当に毎回毎回東京ディズニーランド来た時に食べてしまいます。
チキンとトマトとチーズのトリプルアタックが最高で絶妙に美味しいです。(笑)
また、ピザみたいにダランダランとならないので 食べやすさもgoodです。
個人的に写真をもう少しちゃんと見せれば良かったなぁと後悔しています。(笑)


#7.ピザ味のスプリングロール (ミッキーのトレーラー)

※写真忘れました、ごめんなさい。

トゥーンタウンに売っているピザ味の春巻き。
春巻きのサクサク生地と中身のトロトロピザソースの相性抜群で超美味しいです。
もう一方のエッグ&シュリンプは食べたことないです、何故なら僕は卵料理が苦手だからだ!(笑)


#8.カレーポップコーン (アドベンチャーランドのポップコーンワゴン)



※写真は流用です、ご了承ください。(笑)

アドベンチャーランドにて売っているカレー味のポップコーン。
カレー味の料理にハズレはないと思っていますが、このカレーポップコーンも例外ではなく安定の美味さです。(笑)
個人的にしょうゆバターポップコーンより好きです。(笑)


#9.トルティーヤ・チーズドッグ (ラケッティのラクーンサルーン)

※写真忘れました、ごめんなさい。

クリッターカントリーにて売っているソーセージをトルティーヤの生地で巻いた食べ物。
個人的にですが このトルティーヤ・チーズドッグ…東京ディズニーランドの中で一番大好きな食べ物です。(笑)
ラケッティのラクーンサルーンは、チュロスかソフトクリームを買っていくお客さんが多いんですけど、僕がこのラケッティのラクーンサルーンに来た時は必ずトルティーヤ・チーズドッグを注文します。(笑)
てか、それ以外はどこでも食べれるから眼中にないです。(笑)
分厚くて食べ応えのあるソーセージとモチモチのトルティーヤ生地、さらにコクのあるチーズのトリプルコンボがあまりに強烈で美味しすぎるので 食べる度に僕はこのトルティーヤ・チーズドッグに魅了されてしまいます。(笑)
スプラッシュマウンテンでずぶ濡れになった後に このトルティーヤ・チーズドッグを食べるのが 僕が東京ディズニーランドに来た時の楽しみのひとつです。(笑)


#10.坦々麺 (チャイナ・ボイジャー)

写真忘れました、ごめんなさい

アドベンチャーランドにて店を構えるラーメン専門店。
結構分かりにくい場所にあるので 今まで行った事なかったんですけど、今回初めて行ってきました。
ラーメンが何種類かあったんですけど、今回 僕は坦々麺を選びました。(他のラーメンは卵がトッピングされてたからです。笑)
坦々麺むっちゃ美味しかったですよ。
ディズニーランドだから辛さは甘めかなぁと思ったんですけど、結構本格的な辛さでピリッとした感じがクセになりました。
ただ、この坦々麺を食べるのに30分も並んだという事とファストパスの時間が迫ってたのでゆっくり食べれなかったのが辛かったですね。(笑)
行列が出来るくらい大人気なレストランということなんでしょうね。(笑)


#11.ミッキーチュロス (パークサイド・ワゴン)



アドベンチャーランドにて売っている 断面がミッキーの形をしたシュガー風味のチュロスです。
安定の美味さでした。(笑)



2日目:東京ディズニーシー


#1.ハーブ&トマト ポップコーン (メディテレーニアンハーバーのポップコーンワゴン)



※写真は流用です、ご了承ください。(笑)

東京ディズニーシーに来て1番最初に買ったグルメです。
期間限定の味だったので、トイストーリー・マニアのファストパス取ってからすぐに買いに行きました。(笑)
味の感想はと言うと、他のポップコーンと違って 何か大人びた風味で とても美味しかったです。(笑)
ハーブの香り豊かさとトマトのコクがポップコーンの中で絶妙に合っていました。(笑)


#2.ギョウザドック (ノーチラス・ギャレー)



ミステリアスアイランドにて売っている僕のイチ押しのグルメです。(笑)
多分、東京ディズニーシーの中で一番好きなグルメかも。(笑)
フワフワなギョウザの皮と湯葉で包まれたギョウザの餡が絶妙にマッチしてて超絶美味いです。(笑)
食べる度にどんどんハマってしまいます。(笑)
東京ディズニーシーに来た時は毎回食べています。今回は朝10時ぐらいに食べたので 朝飯的な感覚で食べました。(笑)
朝飯でこれを食べれるとは、とてつもなく贅沢だぁ。(笑)


#3.スパイシーチキンターキーレッグ (ロストリバークックハウス)



ロストリバーデルタにて売っているピリ辛タレのかぶりつきチキン。
肉厚でジューシーなチキンとピリ辛でクセになるタレのコラボが絶妙に美味しいです。(笑)
食べる度に病みつきになること間違いなしです。
ただ、このスパイシーチキンターキーレッグ…むっちゃ美味しいんですけど、タレがむっちゃこぼれやすいのが残念なんですよ。(笑)
僕もあまりの美味さで食べることに夢中になりすぎて、タレを服やらポップコーンバケツやらにこぼしまくって大惨事になりました。(笑)
その後、トイレにこもってタレを拭きとりました。(笑)


#4.うきわまん (シーサイドスナック)



ポートディスカバリーにて売っているうきわの形をしたエビ風味の饅頭。
東京ディズニーシーに来ると毎回食べてます。
外の生地はフワフワ、中の海老入りの餡はプリプリで とてつもなく美味しいんですよ。
個人的には、ギョウザドックと同じくらい大好きなグルメです。(まぁ、強いて言うなら ギョウザドックの方が好きですけど。)
ちょうどいいサイズなので、食べ応えも抜群です。


#5.ポテト風味のチュロス (リフレッシュメント・ステーション)

写真忘れました、ごめんなさい。

ミステリアスアイランドにて売っているちょっと変わったチュロス。
チュロスと言えば サクサクした美味しいスイーツなんですけど、このポテト風味のチュロス 食感がむっちゃモチモチなんですよ。(笑)
何かチュロスを食べてる感じがしないんですけど、超美味しいです。
あまりにも不思議な食感のおかげで 平日でも行列が出来る人気のグルメです。
ただ、このポテト風味のチュロス…スイーツとして食べればいいのか スナックとして食べればいいのか よくわからないです。(笑)
まぁ、でも個人的には結構クセになる味です。(笑)


#6.ブラックペッパー ポップコーン (アメリカンウォーターフロントのポップコーンワゴン)



※写真は流用です、ご了承ください。(笑)

アメリカンウォーターフロントのポップコーンワゴンで売られているブラックペッパー風味のポップコーン。
めっちゃスパイシーで病みつきになる味です。
ただ、喉の乾きのスピードは異常に早くなります、そりゃあどのポップコーンも一緒か。(笑)


#7.ポークライスロール (リバティ・ランディング・ダイナー)



アメリカンウォーターフロントにて売っている棒状の肉巻きおにぎり。
今回初めて食べましたが、とても美味しかったです。
外の豚肉はしっかりとタレが染み込んでて病みつきになる美味しさでした。
中身はまさかのもち米で少しビックリしたんですけど、それでもむっちゃ美味しかったです。
多分、これ炊きたての白米だと形と味のバランス崩れちゃうから これはもち米で大正解かも。(笑)


#8.骨付きソーセージ (バーナクル・ビルズ)



アメリカンウォーターフロントにて売っている骨付きのソーセージ。
肉厚でとてもジューシーで、むっちゃ美味しいです。
ビールとの相性 抜群ですよ。(笑)


#9.ユカタンソーセージドック (エクスペディション・イート)



ロストリバーデルタにて売っているソーセージをフランスパンで包んだソーセージドック。
外カリ中フワのパンと肉厚ジューシー ソーセージ
の相性抜群で、メチャクチャ美味しいです。
一口食べれば虜になってしまいますよー。
小腹には持ってこいですね。(笑)


#9.ボロネーゼ (ザンビーニ・リストランテ)



写真はサンプルで飾られていたヤツです。写真撮ったんですけど、グチャグチャにしてしまった後なので この写真にしました。(笑)

メディテレーニアンハーバーなて店を構えるイタリアンレストラン。
ここのボロネーゼはむっちゃ美味しいですよー。
牛肉のコクがたっぷり染み込んだミートソースと茹でたてのパスタが見事に絡み合って 食べる度に病みつきになります。(笑)
また、ここのボロネーゼは結構なボリュームがある割に値段が700円なので、普段よく食べる人にとったらだいぶお得です。
これは完全に個人の感想ですけど、ボリューム少ないけど高級食材たっぷり乗った美味しいパスタと高級食材は乗っていないけどボリュームたっぷりの美味しいパスタだったら、後者を取りますね。(笑)


東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで食べたグルメをざっくり紹介しましたけど、どうでしたか?
何か絶妙だとか病みつきになるとか同じセリフばっかでしたが、どれもとても美味しかったことには変わりありませんよ。(笑)
まぁ、今回紹介したグルメの他にもまだまだ両パークには美味しいグルメがたっくさんあるので、次回ディズニー行った時には 大好きなグルメを食べつつ まだ挑戦していないグルメを食べ回りたいと思います。

目指すは全グルメ制覇!

まぁ、全グルメ制覇するには あと4、5回ぐらいディズニー行かないと…。
何故なら、
胃袋に限界があるからだ!(笑)

うん。(笑)
そりゃあ、無理をせずにパークを楽しむのが1番の目的ですからね。(笑)

はい、今日はこんな感じで終わりまーす。

P.S. 珍しく興味が薄れることなくブログに長文を書き込むことが出来た。
わーいわーい。(笑)
スポンサーサイト

ディズニークイズの答え合わせ

こんばんは、再び登場のかなたです。

だいぶ前にディズニークイズを実施したまましばらく放置してたので、その答え合わせを今から載せようと思います。
(てか、そもそも誰もやってないんじゃないのとか思ってるけど、今回はあえてその気持ちを押し殺します。笑)

あっ、まだクイズやってないよーって言う方は
ディズニークイズ
↑リンク貼っときますので、ぜひやってね。(笑)
(下を見ながらやるのはダメだぜ。笑)

では、答え合わせしまーす。
(答えは正確にじゃなくて大体書けてたら正解と見なします。)


クイズの答え合わせ

#1.蒸気船ウィリー
ディズニーファンなら正解して当たり前の問題ですね。ちなみに、ミッキーとミニーがデビューしたのは1928年11月18日だそうです。2匹とも現在88歳。(笑)

#2.白雪姫
これもディズニーファンなら絶対わかる問題ですね。ちなみに、白雪姫が公開されたのは1937年だそうです。公開当時は桁外れのヒットを叩き出し、アニメーション界に革命をもたらしたんだとか。

#3.マシュマロウがティアラを拾い被るシーン
「アナと雪の女王」を劇場かDVDで見た人ならわかるはず。テレビ地上波では...訳の分からんレリゴーお遊戯会に変えられてましたね。(一瞬だけこのシーン映ったけど)

#4.転落死 (スカーによって崖から落とされた)
ライオンキングを観た人ならわかるはず。ヌーに轢き殺されたと答えた人、惜しい。(笑)

#5.ハリーハウゼン
モンスターズインクを観た人ならわかるはず。ハリーハウゼンは寿司レストランなんですけど、名前の由来は著名アニメーターのレイ・ハリーハウゼンから来てるんだとか。

#6.時計
これは比較的に簡単な問題ですね。決して、蝋燭じゃないぞー。(笑)

#7.セイウチと大工とカキの話
ふしぎの国のアリスを観た人ならわかるはず。まぁ、ディズニーだから和やかな感じになってるけど、実際話聞くと結構グロいからね、カキとは言えど。(笑)

#8.サボー
ターザンを観た人ならわかるはず。カーチャックとカーラの子ゴリラをも喰い殺す凶暴な豹。この映画における中ボス的存在。(笑)

#9.大量の虫
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスを観た人、キングダムハーツシリーズをプレイした人ならわかるはず。うん、普通に気持ち悪いです。(笑)

#10.ピン
ムーランを観た人ならわかるはず。結局、中盤あたりで正体バレちゃったけどね。(笑)

#11.催眠術
ジャングル・ブックを観た人ならわかるはず。劇中でも、モーグリに催眠術かけてましたね。

#12.試作品626号
スティッチ関連の作品を見てたらわかるはず。キングダムハーツ バースバイスリープでは、スティッチという名前ではなく試作品626号と呼ばれています。

#13.ロビン・フッド
ディズニーに詳しい人ならわかるはず。登場人物を動物に置き換える点においてはズートピアと同じである。(ちなみに、主人公も両方キツネ。笑)

#14.ナナ
これはちょっと難しいかも。まぁ、でもピーターパン観てたらわかると思う、うん。(笑)

#15.95
男の子にとってはとてもわかりやすい問題のはず。ちなみに、この95番のゼッケンはトイストーリーの誕生年から来ているらしい。

#16.チェルナボーグ
ちょっと難しいかも。キングダムハーツではファンタジアの魔人という名前でソラたちの前にボスとして立ちはだかります。個人的な意見ですけど、見た目で言うと ラスボス級。(笑)

#17.ジャック・ザ・モンキー (ジャックでも可)
パイレーツオブカリビアンを観てる人ならわかるはず。バルボッサのペットでおなじみのあの猿。呪われた海賊たちのラストシーンで不死身の猿になってましたね。(笑)

#18.ダルメシアンの毛皮のコートを作るため
101匹わんちゃんを観てた人ならわかるはず。結局、ダルメシアンの毛皮のコートを作れませんでしたね。(笑) てか、そのコート作られてたら怖いわ。(笑)

#19.フィックス・イット・フェリックス
シュガー・ラッシュを観た人ならわかるはず。ちなみに、主人公はその名の通り、「フィックス・イット・フェリックス」です。劇中でもそれなりに活躍します。(笑)

#20.司祭に止められたから
ノートルダムの鐘を見たらわかるはず。まぁ、クロード・フロローは最高裁判事なのに酷いことするよね。そりゃあ、神の怒りに触れるわな。(笑)

#21.ジム・ホーキンス (ジムでも本名でも可)
トレジャー・プラネットを観てたらわかるはず。本名はジェームズ・プレアデス・ホーキンスだそうです。ちなみに、ジムの日本語吹き替えを担当したのはあいのりやどうぶつ奇想天外でおなじみの加藤晴彦さんだそうです。

#22.ボニー
トイストーリー3を観てたらわかるはず。アンディがボニーにウッディたちを渡すシーンはとても感動しますね。トイストーリー1から観た人にとっては涙なしでは見れないはず。(ちなみに、僕もトイストーリー1から見てますが 涙は出ません、心がドライなので。笑)

#23.モンストロ
これは意外に分からないかも。まぁ、でもキングダムハーツシリーズをプレイした人ならわかるかも。数あるディズニー作品の中でも屈指の巨体を持つキャラです。

#24.マイクロボット
ベイマックスを観た人ならわかるはず。ヒロ・ハマダがベイマックスを開発したと勘違いされがちですが、実際ベイマックスを開発したのは、ヒロ・ハマダの兄 タダシ・ハマダです。

#25.ジーニーを自由にする
アラジンを観た人ならわかるはず。それにしても、ジーニー 本当に良かったね。自由になった後、グーフィーの帽子被って世界旅行に行っちゃったけどね。(笑)

#26.美女と野獣
これは知らない人多いかも。ダンスシーンが使い回された理由は、それによって大幅に製作費を節約できるからだそうです。(笑)

#27.中川翔子さん
字幕派の人にとっては少し難しいですけど、結構宣伝してたから、大体の人ならわかるはず。ディズニーの吹き替えの声優を務める有名人は、違和感あんまりなくて個人的にはまだ好きな方です。(どっかの洋画の吹き替えとは大違い。笑)

#28.岩山を叩き、岩なだれを起こした
ヘラクレスを観た人ならわかるはず。正直、個人的にはヘラクレスに出てくる怪物の中でヒュドラが一番強いと思います。だって、斬っても斬っても無数に首が増えるんだぜ?(笑) 絶望感ハンパないよね。(笑)

#29.グストー
レミーのおいしいレストランを観た人ならわかるはず。ちなみに、リングイニはこのレストランのシェフで故人のグストーの実の息子である。

#30.魔法の黒壺
これは結構難しいかも。決して、主人公の名前ではありませんよ。(笑) ちなみに、主人公の名前はターランです。

#31.はちみつ
この問題は全50問の中で一番簡単な問題だと思う。これ分からなかったら、絶対にディズニーファンと名乗るな…ていうレベルの難易度。(笑)

#32.ブードゥーの秘術
これは案外難しいかも。まぁ、シリキ・ウトゥンドゥみたいなヤツだと思ってもらったら大丈夫です。(ちなみに、シリキ・ウトゥンドゥとはディズニーシーのアトラクション タワー・オブ・テラーに出てくる偶像のことである。)

#33.ルシファー
シンデレラを観た人ならわかるはず。キングダムハーツ バースバイスリープではボスキャラとして出ましたね。コイツは本当に意地悪な猫です、ご主人様そっくり。(笑)

#34.ベルウェザー副市長
ズートピアを観た人ならわかるはず。まぁ、見た感じ悪役っぽくなさそうだけどね。(笑) ライオンハート市長の方が悪役っぽく見えるのは気のせいかな。(笑)

#35.南部の唄
分かる人には分かる問題。南部の唄、現在DVD化されてないらしいので、スプラッシュマウンテンが大人気であるにも関わらず、題材となった南部の唄を観ることが出来ない状態が続いているらしい。(僕も観たことないので、一度でもいいから南部の唄観たい。)

#36.ジャンボ
ダンボを観た人ならわかるはず。ちなみに、ダンボの本名はジャンボ・ジュニアです。

#37.ジョン・スミス
ポカホンタスを観た人ならわかるはず。ちなみに、字幕版のジョン・スミスの声優を担当したのはマッドマックスシリーズでも有名なメル・ギブソンさんだそうです。

#38.サイとアム
まぁ、これは案外難しい問題かも。わんわん物語のキャラクターだけど、実際出てくるのは中盤だけなので、このキャラクター記憶にないって方も案外いてるはず。(笑)

#39.パチャの村にクスコリゾート建設をするため (単純に立ち退きでも可)
ラマになった王様を観た人ならわかるはず。まぁ、自己中にも程があるよね。(笑) まぁ、でも後に一緒に冒険して仲良くなって結局村を壊さななったから、結果オーライか。(笑)

#40.フェイギン
これは結構難しい問題かも。まぁ、フェイギンの特徴を言うと、ドジャーたちの主人で、サイクスから借金しててホームレスに近い生活をしている男性ってことかな。(笑)

#41.エディ・マーフィー
まぁ、ホーンテッドマンションを観てたら絶対わかるはず。日本語吹き替えはやっぱり山寺宏一さんです。(笑) コラコラ、ウィル・スミスじゃないぞ。(笑)

#42.ベルリオーズ
まぁ、マリーを知っている人は多いけど、他の2匹を知らないは少なくないはず。こういう問題がにわかなのかどうか一番区別つきやすいですね。(笑) ちなみに、おしゃれキャットの主人公はマリーではなくて、あくまで3匹の母親猫のダッチェスだからね。(笑)

#43.アトランティス 帝国最後の謎
オリジナルビデオ作品なので、知らない人も多いはず。まぁ、前作を観てからこの作品を観るとあんまりだーと思うので、あくまで続編ではなくオリジナルビデオ作品として楽しむことをオススメします。(笑)
個人的にオススメするディズニー作品の続編はライオンキング2と3かな。(3は続編と言っていいのか分からんけど。笑)


#44.野球選手
チキンリトルを観た人ならわかるはず。要はメジャーリーガーってことなのかな。(笑)

#45.幸運のヒレ
ファインディング・ニモを観た人ならわかるはず。コンプレックスをこうやって幸運の〇〇と呼ぶのはとても良いですね。僕も毛深いといつコンプレックスあるんですけど、それも幸運の体毛と呼んでイイってことですよね?(笑)

#46.イグアノドン
ダイナソーを観た人ならわかるはず。まぁ、恐竜映画ってティラノサウルスとか主人公になりがちだけど、この映画は違うからね。(笑) ティラノサウルス観たかったらジュラシックパークを観てください。(笑)

#47.Enchanted
日本語吹き替え派の人にはちょっと難しい問題かも。何か「魔法にかけられて」に続編出るらしいよ。(笑)

#48.ヒヨコに食べられた
バグズライフを観た人ならわかるはず。僕自身バグズライフ好きなんですけど、このシーンに関しては 個人的に結構トラウマ…というか直視して観ることができないシーンです。まぁ、もちろん何かグロいんですけど、ヒヨコが凄い怖く見えてしまうんですよねー。(僕、ヒヨコが昔から大の苦手で、見るのも触るのもマジで無理です。笑)

#49.
リトルマーメイドを観た人ならわかるはず。まぁ、足欲しさに声失うのはなかなかもったいないと思うけどなぁ。(笑)でも、これに関しては、人魚になってみないと分からないかもね。(笑)

#50.パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
結構難しい問題だけど、ディズニーファンにとってはチョロイ問題だと思う人いてるかも。(笑) 僕も今のオープニング好きですよ。(笑) 綺麗だしディズニー感むっちゃするから。(笑)

皆さん、何問正解しましたか。

まぁ、結構難しい問題多かったんですけど、40問正解してたら、真のディズニーファンと名乗ってもいいです。(笑)

正解多かった分には全然問題ないんですけど、問題は正解数が半分(25問)以下の人!
そんな君は
完全に、にわかディズニーファンだ!
と言ってやりたいです。(まぁ、僕もあんまり人のこと言える立場ではないです、先週の件があったから。笑)

なので、正解数が半分以下の方はもうディズニーファンだと豪語しないでください。(笑)

今回は女子高生・女子大生に煽って終わりたいと思います。(笑)

そこのディズニーファンだと名乗る女子高生・女子大生のお前。
ディズニーファンなら正解して当然の問題ばっかやったけど、何問正解してたんや?
50問中23問正解でした…
え?正解数、半分以下やって?
お前、もう絶対にディズニー好きって言うなよ、タコ!
うぅ…。
まぁ、俺もそこまで悪魔やないから、謝ったら許したるわ。
今まで自分がディズニーの知識が薄いにも関わらず、ディズニーファンと豪語してすいませんでした。
おう、今回は許したる。次からはちゃんと知識身につけてからディズニーファンと名乗れよ。じゃあ、今回の罰として、俺のために早く焼きそばパン買ってこい。
えぇー!?

僕、本当に酷いですよねー。(笑)
ゲスの極み超えちゃってるよ。(笑)

では、今日はここでお開き。

P.S.今までディズニーの話ばっかりしてきましたが、実は僕ジブリは逆に好きではありません。(笑)
こんな事言ったら非国民とか言われそうで嫌なんですけど、本当にジブリ好きじゃないです。理由は何かしらジブリにはトラウマが多いからです。まぁ、詳しくはまた今度にでも話しましょう。(笑)

モアナを観た!

今日は3月22日 水曜日

こんばんは、2日連続ベッドで寝込んでるかなたです。

体調悪いですけど、今日もよろしくお願いします。



もう、ほぼ1週間前の話ですけど、あれ観てきましたよー。

「モアナと伝説の海」

ざっくり感想を言うと、マッドマックス的展開があって面白かったですよ。(笑)
冒険要素多くて見ててワクワクしましたし、モアナの自分の道をを突き進む姿に感心させられましたよー。(笑)

まぁ、1週間前の話なんで、記憶が薄れてる部分がありますが、モアナを観て僕が特に思ったこと5つを今から書いていきたいと思います。

※これより先はネタバレ要素含んでいます

①マウイ
この映画の準主人公ともいえる存在。体中に入っているタトゥーが印象的ですね。見た感じ、スゲェたくまして強そうなんですけど、この映画を見るからに終盤以外あんまりそう感じなかったですね。(笑)
まず、冒頭でマウイはテ・フィティの心を盗むんですけど、そのシーンを見るからに、マウイがむっちゃ悪役に見えるんですよね。(笑)
えっ、この映画、マウイが悪役なん?って思ってしまうほど、冒頭のマウイ悪い顔してましたよ。(笑)
そして、中盤あたりでモアナと出会って旅に出るんですけどねー、本当にマウイは器の小さい人間なんですよ。(笑) 器小さいし、モアナに嫌がらせしまくるし、テ・カァの前では逃げ出そうとするし(笑) 終盤あたりで、やっとヒーローらしく大活躍するんだけど、終盤になるまではあんまりマウイのこと好きには慣れませんね。(笑) 多分、入れ墨のマウイの方がよっぽどまともですよ。(笑)


②プア
モアナのペット的存在ですね。(笑) まぁ、あのー、映画見た人なら共感できると思うんですけど、このプア、この映画において、中途半端すぎる存在感で、とても残念なキャラクターなんですよ。だって、コイツ モアナの旅に同行しないんだぜー?(笑) この映画のポスター見るからに、ガッツリ写ってて、あー、このブタも一緒に旅するんかーと思ったんですけど、いざ本編見たら、旅に同行しよれへん。(笑) ある意味、詐欺ですよ。(笑)
出番がない訳じゃないけど、序盤の20分くらいしか出番がなく、モアナが旅に出てからは終盤モアナが村に帰ってくるまで一切出番がありません。
まぁ、本編では 1回モアナと海に出ようとしたけど、失敗してそれ以来海を怖がってたかな?(笑)
多分、あの時航海に出ようとしてなかったら、普通に旅に同行してたかもしれないだろうなぁ。(笑)
旅のお供がニワトリだけじゃ、物足りないよー。(笑)
グッズとかも販売されていて、オラフ的存在醸し出てるのに、モアナの旅に同行しないのは本当に残念ですね。


③タマトア
この映画の中ボス的存在。
神の釣り針を取り戻そうとするモアナとマウイの前に立ちはだかる巨大なカニなんですけど、悪役の割にはだいぶコミカルなキャラクターなんですよね。(笑) 何か僕の記憶では、このカニのセリフほとんど歌だったような気が…。(笑)
個人的にはもうちょっとこのカニのシーンが欲しかったですね、見てて普通に面白いから。(笑)
それぐらい印象に残るキャラクターでしたね。
まぁ、このカニの一番面白かったシーンは、何といってもエンドクレジットの後のオマケシーンでしょう。(笑) まさか、最後の最後に同じカニのセバスチャンの名前が出るとは。(笑) これは自虐ネタと捉えていいのかな?(笑)


④テ・カァ
この映画のラスボス的存在。テ・ティフィの島付近にやってきたモアナたちの前に立ちはだかる溶岩の悪魔なんですけど、まぁ見るからに強そうですね。(笑) てか、ラスボス感がハンパない。(笑)
見た目だったら今までのディズニー・ヴィランの中で一番強そう。(個人的にはチェルナボーグを超えた 笑)
普通にキングダムハーツのラスボスにでもなれそう。(笑)
強さも、溶岩を纏っているので、モアナたちからしたら、絶望感ハンパないですね。(笑)
そりゃあ、マウイも逃げ出したくなるわ。(笑)
まぁ、このキャラクター、ガッツリの悪役じゃなくて、正体が心を奪われたテ・ティフィなんですけど、テ・ティフィさん心を失った時の豹変ぶりがすごいね…。(笑)
心がある時はとても優しそうな緑の巨人の女神みたいな姿をしてるのに、心奪われたら、あんなラスボスみたいな悪魔のような姿になっちゃうんだね…。(笑)
このキャラクター見て、穏やかな女性を怒らしたらこうなっちゃうんだなぁと勉強になりました。(笑)

⑤本編とポスター予告の違い
これはただの批判だけど、ポスター・予告編と実際の本編、全然内容違ってるからね。(ベイマックスの時もそうだった。)
そりゃあ、できるだけたくさんの人を入れる宣伝をしないといけないのはわかるけど、何で日本の宣伝って、感動やプリンセスを前面に出してくるのかなぁ。ターゲットは女の子なんだろうけど、そんなプリンセス感出してたら男の子映画見に来ないよ。偉そうに言うけど、そういう意味では そろそろアメリカを見習ってほしいなー。アメリカ版ポスターはいかにも冒険するぞーみたいな感じがしてて個人的に好きですね。男の子にも見てもらいたいのであれば、絶対アメリカ版ポスターみたいに冒険ものを前面に押し出すべきだと思うんですよー。まぁ、それだけだと女の子が見に行きづらいので、2パターン用意するべきですね、男の子用と女の子用。あと、日本版のポスターだけマウイ消されてるらしいけど、それはあまりにも可哀想だからやめてあげて。(笑)


ほとんど批判やら文句ばっか言ってきましたが、絵はとてつもなく綺麗で、ストーリーも本当に面白いです。歌も結構良い曲多いし。(笑)

まぁ、プリンセス・恋愛目的でこの映画を見るのはオススメしませんが、特にアドベンチャー系が大好きな人は、ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがですか?

P.S. この2日間体調不良にも関わらず、ほとんどインスタント麺しか食べてない。(笑) 不健康極まりない。(笑)




ディズニー映画ランキング②

こんばんは、鼻は伸びませんが嘘つきのかなたです。(笑)

前回の記事の続きをします。
前回の記事読んでない方はディズニー映画ランキング①をご覧下さい。4位と5位載ってます。(笑)


いよいよ、個人的に大好きなディズニー映画ランキング ベスト3の発表です。



第3位:ベイマックス

2014年に公開されたマーベルコミック作品「Big Hero 6」を元にしたディズニー映画。

兄タダシを失った少年ヒロ・ハマダが兄の死の真相を知るために、兄が発明したベイマックスや仲間たちと悪に立ち向かう物語となっています。(今回も安定のざっくりした内容 笑)

2年前に作られた作品で、先程紹介した2作より知名度が高いので、ほとんどの方はこの作品知ってると思います。(笑)

まぁ、さっきのムーランと少し同じ理由ですが、この映画、サンフランシスコと東京を混ぜ合わせた「サンフランシスソウキョウ」という都市が舞台で、映画のいたる所に日本を思わせる要素がたくさんあって、皆さんにとってはとても親しみやすいになっていると思います。僕にとっても、日本の要素がたくさん取り入れられていて、たまらないです。
(ディズニーさんが日本をテーマに取り入れてくれる日がくるなんて、わーいわーい 笑)

個人的に大好きなシーンは、マイクロボットを操る仮面の男との最終決戦のシーンですかね。ボカボカ壊しまくっていたけど、臨場感溢れるマーベルヒーローらしい戦いでしたね。ただ、他のマーベルヒーローと違って、仮面の男にトドメをささずに、マイクロボットの操作源である仮面だけを壊すのは、いかにもベイマックスらしいですね。

個人的に好きなキャラクターは、意外にも仮面の男です。(笑)
この仮面の男は、かっこよさでなら、ディズニー・ヴィランズの中でも上位の方ではないかと個人的に思ってます。(笑) あの隈取りのマスクがとてもミステリアスでかっこいいんですよ。(これぞ、ジャパニーズ・クール 笑) この仮面の男を見てると、ディズニーに影響を与えた歌舞伎って本当にスゲェなーと改めて思いました。(笑)
また、この仮面の男、能力というかマイクロボットを操っているのが何ともいえぬチートぶり。(笑)あんなウジャウジャ操れたら、ほぼ無敵みたいなもんですよ。(笑)
この仮面の男、普通にマーベルの実写映画に出ても人気が出ると思います。
ただ、仮面を取ったらただのおっさんっていうのがとても痛いところ。(笑)

日本人にとっても親しみがあって大人気のベイマックスですが、ひとつだけ文句というか納得いかないことがあります。それは映画の宣伝方法です。

アメリカ版のポスターや予告編では、アクション重視でマーベルヒーロー感出まくりのかっこいい宣伝になっているんですが、日本版のポスターや予告編では、感動重視で心温まる涙の感動物語的な宣伝になってるんですよ。
確かに感動ものだけど、マーベル大好きの僕からしたら、
感動重視するなー、これじゃあ詐欺じゃねーか
と思いました。(モアナの宣伝方法も同様に異議あり。 笑)

何かごめんなさい、3位なのにボロクソに批判してしまって。(笑)

あと、もし「ベイマックス2」が作られるのであれば、ぜひシルバー・サムライ (「ウルヴァリンSAMURAI」の悪役でおなじみ) と サンファイア を出して欲しいなぁ。(まぁ、権利上の問題と物語の展開的に無理そうだなぁ。 笑)



第2位:アラジン

1992年 (日本では1993年)に公開された「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を元にしたディズニー映画。

アグラバーに住む貧しい少年アラジンが魔法のランプを手にし、ランプの精 ジーニーの願いにより王子に変身してアグラバーの王女ジャスミンと親密になるが、ジャファーの策略によりアグラバーを支配されてしまい、アラジンやその仲間達がアグラバーを救うべくジャファーに戦いを挑む物語となっています。(今回は何かうまくまとめれなかった、ごめんなさい。 笑)

「アラジン」「ディズニー・ルネッサンス」と呼ばれる興行的に大成功しまくったディズニー第2の黄金期に生み出された屈指の名作で、知らない人はほとんどいないんじゃないでしょうか。
(ヘラクレスムーランもこの時期に誕生しましたが、アラジンほど有名にはなりませんでした。)

この作品は、本当に男女ともに楽しめる作品になってます。一応ディズニー映画は誰でも楽しめるような作品になっているんですけど、性別が男か女かによって、観たい映画・好きな映画が異なるんですよねー。
男の子なら「ピーター・パン」「ジャングル・ブック」などの冒険アクション系の映画を好み、女の子なら「シンデレラ」「眠れる森の美女」などの恋愛プリンセス系の映画を好むという風に。
でも、この作品は、仲間と共に悪役と敵と戦うハラハラドキドキの冒険映画として見れますし、素敵な王子と可愛いお姫様によるロマンチックな恋愛映画としても見れます。
まぁ、僕は男の子ですので、この作品を冒険アクション映画として見てますが、プリンセス系が好きではない僕でも、プリンセス感丸出しではないこの作品なら恋愛映画として気軽に楽しめます。(まぁ、小さい頃にリトルマーメイドとか白雪姫とかよく見てたけどね。笑)

何せ、僕も「ホール・ニュー・ワールド」大好きですし。(笑)

そんな男女ともに楽しめて好きになれるこの作品はある意味最強です。(笑)
でも、ランキングは2位です。(笑)
本当はこの作品を1位しようかなぁとものすごく悩みましたが、1位の作品に対して特別な思い入れがあるので、泣く泣く2位にしました。

あと、個人的な理由なんですけど、この作品も3位と4位同様アジアを舞台にした作品ですので、僕の中ではどストライクな作品です。(笑)
(この作品のアジアと3位・4位のアジアは同じようでちょっと違うような気もするが 笑)

個人的に大好きなシーンはジャファーとの最終決戦のシーン ですね。
まぁ、ランプを手にするシーンも好きですし、ホール・ニュー・ワールドのシーンも好きですよ?
でも、やっぱり男の子ですから、こういう邪悪な敵との戦いが一番印象的で大好きなんですよ。アラジンに最強ではないと言われたジャファーがジーニーの願いで最強のランプの魔人になった時は、画面越しの僕もヒヤヒヤしましたよ。(笑) でも、ジャファーがランプの魔人になったのをいい事に、簡単にランプに閉じ込められましたね。そこまで考えてたアラジン、凄いなぁって僕は思いました。(笑)
(後に、ある者によってジャファーが復活するのはまた別のおはなし 笑)

個人的に大好きなキャラクターは、やっぱりジーニーだなぁ。
ジーニーは本当にこの作品にはかかせない存在で、ジーニーがいないと、それはもう別物の映画です。(笑)
っていうぐらいインパクトのあるキャラクターです。
ジーニーの良さは、何と言ってもコミカルで面白い所じゃないでしょうか。
従来のランプの精は、いかにも恐ろしくて強そうな見た目をしているんですけど、ディズニーはランプの精 (ジーニー) をポッチャリ体のコミカルなキャラにしたんですね。
天下のディズニーさん、本当にいい意味で予想を裏切ってきましたね。(笑)
しかも、声優も、字幕版はロビン・ウィリアムさん 、日本語吹替版は山寺宏一さん)という字幕吹替両方とてもコミカルな方が務めているので、ジーニーにどハマリする人続出間違いないでしょう。(特に「フレンド・ライク・ミー」のシーンでのジーニーが絶妙に面白いです。笑)
多分、ディズニー史上最も自由度が高すぎるキャラじゃないかなぁ。(笑)
劇中でも、ピノキオに変身したり、セバスチャンを出したり、グーフィーの帽子被ったりと結構やりたい放題。(笑)
でも、そういう他のディズニーキャラクターをゲスト出演させてくるのもディズニーファンにとってはとても嬉しいものだと思います。
劇中ではとにかくふざけまくりのジーニーですが、時にはジャファーの言いなりになってアグラバーを無茶苦茶にするシーンもあるし、時にはアラジンの願いでジーニーが自由になる感動のシーンもありますよ。
まぁ、結局ジーニーは、映画の最後の最後にも僕たちを笑かせにきますけどね。(笑)


そして、栄えある第1位は...

第1位:ライオン・キング

1994年に公開されたライオンのシンバが主人公の壮大な冒険物語のディズニー映画。(この映画の物語はディズニー映画のバンビやシェイクスピアの悲劇ハムレットから着想を得たんだとか。)

プライドランドの王 ムファサの息子 シンバはやんちゃな幼少期を送っていたが、ある日、スカーの策略により父であるムファサが死んでしまい、シンバ自身もプライド・ランドから追放されてしまうが、ティモンとプンバァと出会い、やがて成長したシンバは、再会したナラやラフィキ、星になったムファサの説得により、仲間達とともにプライド・ランドを支配しているスカーから王座を取り戻すという物語になっています。(1位も安定のザックリした内容、少しわかりづらくてごめんなさい。笑)

この作品は第2位の「アラジン」とともに、「ディズニー・ルネッサンス」と呼ばれるディズニーの第2次黄金期に生み出された不朽の名作で、今現在 「アナと雪の女王」「トイ・ストーリー3」に次ぐアニメ映画史上No.3の興行収入を誇る作品でもある。(2009年まではアニメ映画史上No.1の売り上げを誇っていた。)
他にも、この作品のセルビデオやサウンドトラックの売り上げが世界一に輝いたりと、ディズニー映画の中でも様々な伝説的記録を叩き出しました。

いやー、本当に悩みましたよー。「アラジン」「ライオン・キング」、どっちを1位にするか。(笑)
ストーリー、キャラクター、世界観など色んな要素を比べてみたんですけど、どっちが良いのかなかなか選べない (笑)

じゃあ、なぜこの作品を1位にしたのか。

それには2つ理由があります。

理由のひとつは、小さい頃からずっと観ていた僕にとって何かと一番思い出のある作品だからです。
第2位の「アラジン」を始め、他のディズニー映画も小さい頃からビデオ見てましたよ。
でも、第1位の「ライオンキング」は、何故か知らないですけどビデオを持ってなかったんですよ。(笑)
それで、テレビで「ライオンキング」が放送された時にお母さんが僕のために録画してくれて、その録画したビデオを僕はこれでもかっていうぐらい観まくりましたねー。(笑)
なので、今DVDで観てもどこのシーンの後にCMを挟んだかっていうのを当てる事ができます。(笑)
(まぁ、放送された番組・時間帯にもよりますけど、お母さんが録画してくれたのは「ゴールデン洋画劇場」ので放映されたヤツだったと思います。)
ビデオこそ持ってなかったけど、こうやって録画したのを観まくった幼少期の思い出があるからこそ、僕はこの作品を1位を選んだんでしょうね。恐らく、普通にこの映画のビデオを買って観てたら2位になってたかも知れませんね。(笑)

この作品を1位に選んだもうひとつの理由が家族愛を描いた物語があるからです。
実は、「アラジン」「ライオンキング」、両方 男女ともに思いっきり楽しめる作品なんですよ。仲間とともに悪に立ち向かう物語でもあるし、恋愛を描いた物語もあるんですよ。(まぁ、恋愛に関しては、「アラジン」の勝利だけど。笑)
でも、「ライオン・キング」にあって「アラジン」にはない物語があります。それは家族愛の物語です。この作品は何よりも家族愛をテーマにしている作品で、冒頭はシンバとムファサの親子の触れ合い、中盤からは突然父のムファサを失ったシンバがどう生きていくかが描かれています。
「ライオンキング」は老若男女関係なく誰でも楽しめるファミリーエンターテイメント作品になっているので、家族みんなで楽しめるという意味では文句なしの1位です。(笑)
(ちなみに、「アラジン」も家族愛ではないけど家族については描かれていますよ、続編のオリジナルビデオで。笑)

もう本当に、この作品はどのシーンも素晴らしいんですけど、強いて言うなら、やっぱり冒頭のシーンじゃないですかね。
何言っているのか全くわからないんですけど、あの独特な叫び声のBGMと共に朝日が昇るシーンが何といってもこれからライオンキングが始まるぞーって感じがして、とても良いですね。そして、色んな動物がプライド・ロックに集まり、ラフィキが未来の王になる生まれたてのシンバを天に掲げ、動物達がシンバの誕生に歓喜するという流れで物語が始まりますね。
いやぁー、個人的には、この作品の冒頭シーンは全ての歴大映画の冒頭シーンの中で一番素晴らしい冒頭シーンだと思います。「サークル・オブ・ライフ」の歌終わりのドンという音ともに出るタイトルもすごく印象的です。(文章わかりづらいですが、僕の言っている事がわかる人にはわかります。笑)
あと、スカーを倒したシンバが、雨の中 プライド・ロックに登り、雄叫びを上げ新しいプライド・ランドの王になるシーンも良かったですねー。感動しました。(笑)

個人的に大好きなキャラクターは、まぁひとりじゃないんですけど、ティモンとプンバァです。
「ハクナ・マタタ!!!」でおなじみのあのコンビです。(笑)
お調子者のミーア・キャット ティモンとのんき者のイボイノシシ プンバァの2匹による愉快で痛快な絡みが、まるで漫才を観ているようかのようでとても面白いです。(笑)
平気でおならをするし、昆虫を好んで食うし...とても下品だけどコミカルで愉快な2人に、特にちびっ子達にはドハマりじゃないでしょうか。(笑)
この作品は、主に感動・家族愛を描いた作品になっているんですが、この愉快な2匹がいることによって、この作品が単なる感動物語じゃなくて、笑って泣ける壮大な作品として楽しめるのではないかと思います。なので、そういった意味では、ティモンとプンバァは、この作品にかかせない存在ですね。

ちなみに、今の僕がモットーにしている言葉は「ハクナ・マタタ」です。「ハクナ・マタタ」はスワヒリ語でくよくよするなという意味らしくて、就活やら人間関係やら 面倒で嫌な事がたくさんあるけど、くよくよしても仕方がないから悩まずに生きて行こうという意味合いで僕はこの言葉をモットーに使ってます。(実際、くよくよ悩んでますけど。笑)
僕がこうやって自由気ままに生きたいと思えたのは、ティモンとプンバァのおかげかもしれませんね。(笑)



皆さん、僕のランキング いかがだったでしょうか。
何か文章考えるのに疲れすぎて、特にライオンキングの記事を書いてる時の記憶があまりありません。(せっかくの第1位なのに。笑)
なので、今回文章がおかしい部分が多数あるような気が...。(笑)
あと、これは個人的に大好きなランキングです。人によってはこのランキングに納得いかないかもしれませんが、お許しください。(笑)

とてつもなく長くなりました。これでお開きにします。

P.S.
ちなみに、ベスト10まで作るなら
第6位:アナと雪の女王
第7位:ズートピア
第8位:シュガー・ラッシュ
第9位:101匹わんちゃん
第10位:ピーター・パン
です。理由は書くと長くなるので、割愛します。(笑)

ディズニー映画ランキング①

今日は3月18日 土曜日

こんにちは、常に寝不足で有名なかなたです。

まだまだブログ慣れていませんが、今日もよろしくお願いします。



土曜日はランキングの日です。(笑)

まぁ、ココ最近ディズニーについて書く事が多かったので、今週はディズニー映画のランキングを作りたいと思います。
(ディズニー関連の記事多くてごめんなさい。笑)

題して、

個人的に大好きなディズニー映画ランキング ベスト5!!!

※今回のランキングはディズニー長編アニメーション映画が対象です。ピクサー映画及びその他のディズニー映画は今回ランキングの対象外とさせていただきます。ファンの方、ごめんなさい。なお、これはあくまで個人的に決めたランキングです。納得いかない方もいると思いますが、そこはご了承ください。あと、著作権などの事情により、画像は掲載できません。(笑)

では、早速紹介していきましょう。



第5位:ヘラクレス

1997年に公開されたギリシア神話を元にしたディズニー映画。

神に生まれたヘラクレスは、ハデスの策略により人間界に落とされるが、再び神に戻るべく仲間とともに奮闘する物語となっています。(かなりざっくりした内容 笑)

まさかのこの映画が5位かよ!
と思った方は少なからずいると思います。(笑)
でも、僕の中では5位です。(笑)

ギリシア神話って結構固いイメージがあるんですけど、この映画ではギリシア神話をコミカルで面白く描かれていて、特に子供たちにとってはとてもわかりやすい内容になっています。(さすがディズニーさん。笑)

個人的に一番好きなシーンは、青年期のヘラクレスが「Go The Distance」歌ってるシーンかな?(笑) この歌、個人的に一番好きなディズニーソングかもしれません。(笑) まぁ、他にも色々感動するシーンありますが、個人的にはここのシーンが一番感動します。(完全に歌の影響。笑)
他にも、ヘラクレスがヒュドラと戦うシーンや、ゼウスの神殿で石像のゼウス・ペガサスと再開するシーンも印象的です。

キャラクターでは悪役のハデスが一番好きです。まぁ、ハデスっていう名前を聞いたら、いかにもラスボスみたいな強い名前してるんですけど、この映画では、残忍ではあるが、どこか抜けていてとてもコミカルな悪役です。(笑) ハデスがペガサスに頭の炎を吹き消されてスキンヘッドにされるシーンは思わず笑いましたね。(笑)

そんなハデスはディズニーランドのショーやパレードでは、この映画の誰よりも大活躍しています。(笑)



第4位:ムーラン

1998年に公開された中国の伝説「花木蘭」を元にしたディズニー映画。

父親想いのムーランが、足の悪い父親の代わりに男装して軍に入隊し、仲間たちとともに中国を脅かすフン族と激しい戦いを繰り広げる物語となっています。(かなりざっくりとした内容。笑)

日本ではあんまり知名度よくないらしいですが、知る人ぞ知る名作のディズニー映画です。(笑)

個人的に、アメリカの映画会社によるアジアをテーマにした映画の作品がとても大好きで、そういった意味でもムーランが4位です。(理由は他にもちゃんとありますよ。笑)

まぁ、この映画の良さと言えば、やっぱり映像美ではないでしょうか。とにかく映像が綺麗なんですよ。(笑)
ムーランが家を出る時のシーンとか、雪山でフン族と戦うシーンの映像もなかなか綺麗ですが、中でも最後の都のシーンは、ディズニー映画最高級の映像美と言っても過言じゃありません。(笑) 古代中国の華麗なる宮殿と夜空に舞う 色とりどりの花火は、何ともいえぬ美しさです。

個人的に一番好きなシーンは、雪山でフン族と戦うシーンですかね。シャン隊長率いる軍隊の前にアリの大群かと思うくらい多数のフン族が奇襲してくるのですが、ムーランの奇策により雪崩が起きフン族がバタバタ倒れていくシーンは爽快ですね。(笑)

個人的に大好きなキャラクターはムーシューですかね。
ビジュアルもかっこよくて好きだし、コミカルで面白い。雪崩を起こしたり、都でシャン・ユーのトドメをさしたりと何かと大活躍でしたね。まぁ、でもやっぱり、見た目は龍じゃなくてトカゲなんだよなー。(笑)

そんな面白い要素てんこもりの名作ムーランをフ〇テレビのMr.〇ンデーは、ディズニーではない三国志風のキャラと間違って紹介して、後に訂正するも、中国風にアレンジしたディズニーキャラとこれまた間違って訂正してましたね。ムーラン好きの僕からしたら許せないですね。



続いてはベスト3の発表…
の前にですねー、今回とてつもなく長くなりそうなので、記事を2つに分けます。
続きは↓をクリック!(笑)
ディズニー映画ランキング②










プロフィール

atanak1005

Author:atanak1005
Mr.アタナくん
生年月日:1995年10月5日(21歳)
職業:大学生
出身地:大阪府の某市
モットー:自由こそ人生の勝者
今思うこと:彼女が欲しいです!(笑)

ブログ初心者です。
よろしければ、拍手コメントなどおねがいします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
20594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
4494位
アクセスランキングを見る>>
クリックしてしてー
どうも、自由大好き かなたです。 まだまだブログ始めたてなので混乱してますが、もしよろしければクリックおねがいします。(いまいち、システムよくわからないけど笑)

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。